読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ500円貯金をしよう!part2

ブログランキング・にほんブログ村へ

前回の記事www.merucarist.net

f:id:idealemigo114:20161214144644j:plain

 

うちの貯金箱

 

前回の記事を書いてから2、3ヶ月経ちました。

 

昨日おそるおそる開けてみると(再利用可)

 

40枚入っておりました。

 

20.000円ですね。

 

2、3ヶ月でこれが多いか少ないかは別として

素直に嬉しいですね。

 

元々自分のお金なんですけど。

 

 

もしこのお金500円貯金してなかったとしたらどうなっていたと思いますか?

 

確実に何かに消費されていることでしょう。

 

給料日にお金をよけて貯金できるタイプの方ならばそれと同じことの様に感じるかもしれません。

 

よけとく側の人間

初めから引かれているお金でしか暮らせない。

なんの達成感もない。(ような気がする)

 

500円貯金側の人間

いくら貯まってるかなー?っていうワクワク感が得られる。

 

いやーメリットしかないですねー(笑)

 

 

というのは冗談で

お金を貯められるのは一緒で500円貯金をするとめっちゃ金減るの早い気がするデメリットもあります。

 

だがしかし

 

共通のメリットが全くしないひと比べてあるんですよ。

 

それは全くしない人間にはここでいう2万円が手元にない! 

 

それが貯める側のメリットです。

 

当たり前だろって思うかもしれませんが、おそらく貯めてない人間はこの2、3ヶ月でこの2万円を無駄に消費してるんですよ。

 

だって貯めてる人間は暮らせてるんだから。

 

そもそもどう頑張ってもお小遣いがギリギリって場合は貯めようもないんですけどね。

 

 

よく考えてみてください。

お金が無ければ使わないですよね。

お金が無ければ使えないですよね。

 

お金があることで無駄にジュースやコーヒー買ったり、たいして読みもしない本買ったりUFOキャッチャーやったりパチンコで負けたりなんだり使ってませんか?

 

日々のストレス解消になっているならそれは必要なお金です。

 

けど使わなくてもいいのに使ってしまっているお金ってあると思うんですよ。

 

 

それを防いでくれるんです!

 

早めに財布と相談させてくれるんです。

500円玉貯金は。(初めから貯金も)

 

あの貯金箱にお金あるからいいやって使っちゃう意思の弱い人もいますけどね。

 

貯金箱には貯金額がわからない分多少それを防ぐという初めから貯金側にはないメリットもあります

 

 

どうです?

 

まず今財布にある500円玉一枚貯金箱に入れてみませんか?

 

数ヶ月後あなたの貯金箱には思いがけない大金が…