今更ながら「ガリガリ君 たまご焼き味」を食べてみた

スポンサーリンク

f:id:idealemigo114:20191110155721j:image

噂には聞いていたガリガリ君「たまご焼き」味

コンポタの時もそうだったがなぜこれをアイスにしたのか?

誰しもが感じた疑問である。

 

購入したものの開封まで一週間を要した。

では開封の儀

f:id:idealemigo114:20191110160053j:image

 

なんと黄色いんでしょう。

角から角まで黄色い。

まあそれはおいて置き。

 

なんだろう?食べる気がしない。

小学校の給食で出たたまご焼。

冷たくてなんかツンとなる。

わかるかな?好きじゃなかった。

あいつですら10℃はあったろう。

こいつはガリガリ君はマイナス領域だ。

 

卵焼きは温かいもしくは常温くらいがうまいのだ。

 

もう一度いうマイナス領域だ。

 

しかしbut食べずに文句言うのはよくない。

 

た、べ、て、み、た

食べてみた

 

f:id:idealemigo114:20191110160610j:image

中身はこんな感じ。

 

たしかにたまご焼の味がする。

 

甘い。

 

まずくはない。

 

食べたあとでも「冷たいたまご焼き」

の先入観から進まない。

 

ま、ず、く、な、い

まずくない。

 

これがベストな表現である。

 

3分の2を残し私はそっと棒を置いた。

 

ガリガリ君は梨がベスト。