読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい歯医者さんの選び方

歯やからだに関すること 雑記
ブログランキング・にほんブログ村へ

前に歯の記事を書いた際「歯に詳しい人」

と書きましたが私は某歯科大を卒業しています。


 

ですので歯科医院の内情もわかりますし、自身や娘を歯科医院に連れて行くこともあり下手したら歯医者さんよりいろいろな歯医者さんに行っています。患者さんの立場で見てきた経験からよい歯医者さん選びについて書きたいと思います。

 

 

 

 

事前情報としてのよい歯医者さん選び

 

まず行ったことのない歯医者さんを知る一番の手は 口コミ です。

これはそこに行った事がある人に聞くのがよいです。関係者でもない限り嘘をつく必要ありません。 

 

ネットでの口コミもありますがあてになりません。(と思います。)

なぜならこういう事は嫌な思いをしないと書こうと思わないからです。

いいことはせいぜい「優しい先生でした」くらいじゃないでしょうか?

内部の書き込みの可能性も否定できません。

 

あとは医院のHP。ホームページです。

見た目だけでもありきたりなHPではなく凝ったページだと治療にも期待が持てそうです。やる気を感じます(笑)

どこに力を入れているかどこが得意もわかるので自分の診てもらいたいとことマッチしているかがわかります。

個人的には予防の概念が書いてあるところがオススメ。

 

また引っ越したばかりで知り合いもいないそんな時はどうしたらよいでしょう?

 

そんな時は予約のフリをして電話をかけます。

「〜日は何時頃空いてますか?」

と聞いてみて受付の対応をみます。

 

ここで嫌な感じがしたら そこは行かなくていいです

 

いい歯医者さんはスタッフ教育もよいハズです。

 

予約制のところで予約が埋まっている時に「どうなさいましたか?」と聞いてくれるところは患者さん想いのいい歯医者さんだと思われます。

 

しかし予約した患者さんの事や歯科医院の都合もありますから言わない歯医者さんが悪いという事ではありません。

 

行ってみてよい歯医者さんか見抜く方法

 

まず入って清潔感があるかどうか?

汚い歯医者は見た事ありませんけどね。

 

次に受付の対応。

これは上記と同じです。

 

待合室が退屈しないか?

予約制とはいえ待つ事があるのが病院というもの。必須ではありませんが。

 

すごく待たされた時の対応

「お待たせしてすいません」の一言があるかないかで大分ちがいますよね?

 

治療編

 

歯医者というものは技術者です。mmの1/1000というレベルの細かい作業です。

 

どこどこ大学卒業とかは関係ないと思います。なってから、いかに腕を磨くのか?が大事ですから。私が言うのもなんですが。

 

1番大事な事はちゃんと説明してくれるかどうかです。

 

今どういう状況で

なにをする必要があるのか?

期間はどれくらい必要か?

その治療をするリスクはあるのか?

 

患者さんが納得もせず医師主導で治療を行なってはいけません。

 

これは歯科医師にも衛生士さんにも言える事です。

 

歯科には保険診療と保険外診療っていうものがあります。

 

一般に保険外診療の方が高いです。

ですが保険では使えない高価な材料を使えます。見た目もよくなり長持ちもしやすくなるでしょう。

 

かといってもちろん保険がダメなわけじゃありません。

 

で歯科医院サイドからいうと保険外の方が儲かります。歯科医院も医療とはいえ経営していくにはそういうことも考えなくてはいけません。特に都会の場合かかるコストも大きいため保険外中心になるのも無理はありません。

 

しかし前述の通り患者さんが納得しなくては医療とはいえないのです。

 

患者さんにとって高いお金を払ってもいいものを入れたいか?

 

歯医者さんは両方のメリットデメリットをわかりやすく説明しなくてはいけません

 

これが1番大事です。

 

話し方やマスクをつけてるかなど患者さんが受ける印象が違いますから怖くみえたり不快に感じたりするようではいけません。

 

治療中でもそうです。

 

人間なにされるかわからないのが1番恐怖なんだとか。

 

「お口開けてください」だけでなく

ひとつひとつ「〜しますからね」というだけで安心感がうまれます。

 

子供さんでいうと初めての事でビックリ怖がります。お口の中に鏡をいれるだけで怖がります。そんな時は子供さんに鏡を渡してなにをするのか理解してもらいます。

すると子供さんのほうから口を開けてくれるようになります。

 

こういった安心感を与えてくれる歯医者さんがいい歯医者さんだと思います。

 

一度行ってこれを感じたなら通いましょう。

www.merucarist.net

 

ブラニカ